Well come!! My name is Takuya Kikutani.
by きく
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


2017年6月の演奏予定

6/1(木) 東松山『イマジン』【ジャムセッション】
 20:00〜 Ch. ¥1,300
 上野直/B. 小峰誠/Ds. 菊谷卓也/Pf.
6/3(土) 南与野 『ジャズマル』(ライブ&セッション)
 14:00〜16:30 チップ制(投げ銭)
 今木優子/vo、風早幸生/ts、上野直/b、田上晃次/ds、菊谷卓也/pf
6/6(火) 本川越 『クラブ蓮』
 21:15〜24:00 Bassey/vo
6/8(木) 東松山『イマジン』【ジャムセッション】
 20:00〜 Ch. ¥1,300
 北畑豊/B. 内田藍/Ds. 菊谷卓也/Pf.
6/13(火) 本川越 『クラブ蓮』
 21:15〜24:00 Bassey/vo
6/17(土)川越市 『Cmoon』【ライブ】
 19:00〜 ¥1,500
 今木優子/vo、風早幸生/as、
 畑中利文/b、田上晃次/ds、菊谷卓也/pf
6/20(火) 本川越 『クラブ蓮』
 21:15〜24:00 Bassey/vo
6/25(日) 新所沢『キャトル』【ライブ】
 19:00〜 ¥1,500
 Bear Hawk Wolf/Vo.Gt.Tap.、菊谷卓也/Pf.
6/27(火) 本川越 『クラブ蓮』
 21:15〜24:00 Bassey/vo

[PR]
# by filia9056 | 2017-02-19 06:30 | Comments(0)

2017年7月の演奏予定

7/4(火) 本川越『クラブ蓮』
 21:15 - 24:00
 Bassey/Vo. 菊谷卓也/Pf.
7/6(木) 東松山『イマジン』【ジャムセッション】
 20:00 -
 /B. /Ds. 菊谷卓也/Pf.
7/11(火) 本川越『クラブ蓮』
 21:15 - 24:00
 Bassey/Vo. 菊谷卓也/Pf.
7/18(火) 本川越『クラブ蓮』
 21:15 - 24:00
 Bassey/Vo. 菊谷卓也/Pf.
7/25(火) 本川越『クラブ蓮』
 21:15 - 24:00
 Bassey/Vo. 菊谷卓也/Pf.

[PR]
# by filia9056 | 2015-09-27 12:30 | スケジュール | Comments(0)

ジャズピアノレッスン

〜ジャズピアノを弾いて楽しもう!〜
それぞれのレベルに合わせた内容で丁寧にご指導いたします。
コードネームのついた譜面を見ながら、メロディーにハーモニーを合わせてリズムに乗ってプレイしてみましょう。
ソロ演奏だけでなく、マイナスワン教材を使って実際のバンドやセッションのシミュレーションをしましょう。イントロやエンディングのつけ方や簡単なアレンジの仕方も経験しましょう。


【レッスン内容】
コード、スケール、アドリブ演奏、イントロとエンディング、
慣用フレーズ、アレンジ演奏 etc,

【レッスン料金】
個人レッスン(60分¥4,000)
グループレッスン(60分一人¥3,000)
※初回体験30分無料
お時間や料金等、お気軽にご相談ください。

プロフィール
菊谷 卓也(きくたに たくや)
1959年生れ、鹿児島市出身、ジャズピアノ及びジャズ理論を中山秀樹、竹内晴美、戸谷東の各氏に師事。また作曲を福嶋雄次郎、新徳盛史、新垣壬敏の各氏に師事。国立音楽大学リトミック科卒業後、楽器店音楽教室の社員スタッフ勤務を経て、都内近郊を中心にライブ活動中。後進の指導や作編曲でも地道な活動を続ける。現在埼玉県所沢市在住。

ご連絡はこちら まで。


[PR]
# by filia9056 | 2015-09-01 01:30 | レッスン | Comments(0)

ジャズのイメージ (ジャズピアノの感性と技術)

ジャズと呼ばれている音楽のイメージはどんなものでしょうか、

楽しくてカッコイイ音楽、大人の音楽、夜の音楽、アメリカの都市の音楽…

または、快適な心地良いスウィング感、疾走するドライヴ感、いかしたグルーヴ感…

または、心溶かすスローバラード、心に残る自由なフレーズ、斬新でヤバイムード…

その歴史や音楽的技法、演奏形態にもいくつかの特色があります。
音楽そのものと言って良い心惹かれる自由でありがたい音楽です。
ジャズのレジェンドにどれほど感謝してもしきれないほどです。
(2015.2.6金)
[PR]
# by filia9056 | 2015-02-06 02:51 | レッスン | Comments(0)

コールアンドレスポンス(ジャズピアノの感性と技術)

コールアンドレスポンス
呼びかけと応えということですが、ドミナント(緊張)とトニック(弛緩)にあてはまります。例えば幼児が母に何かを求めまたは問いかける時、その声の性格はドミナントです。母が応える時、その声の性格はトニックです。
言葉は発音される時ある抑揚を持っています。その抑揚によって形作られる音型が繰り返されます。この音型が音階の原型になります。

テトラコルド
四つの音ということですが、話はギリシャ時代になりますが元々は全音-全音-半音の関係にある[ミ-レ-ド-シ]と[ラ-ソ-ファ-ミ]の二つです。男性と女性で音の高さの違いから使われ方の性格がそれぞれにあります。二つのテトラコルドを合わせると一つの音階になります。そしてトニック(主音)がどこに置かれるかによってそれぞれの音にそれぞれの性格が生まれます。
テトラコルドには多様な可能性があります。言葉、気質、性格、楽器などの違いによってそれぞれに固有な語り口とも言えるような音階が生まれます。

ブルーノート
全音-半音-全音の関係にあるテトラコルドの[ド-シb-ラ-ソ]と[ファ-ミb-レ-ド]の二つで作られている音階(ドが主音)はいわゆるブルーノートと呼ばれているものです。そしてこれにソbを導入したのがデューク エリントンと言われているようです(1925年頃)。

ブルーノートペンタトニック
全音-短三度の関係にある[ド-シb-ソ]と[ファ-ミb-ド]の二つで作られている音階(ドが主音)はいわゆるブルーノートペンタトニックと呼ばれているものです。

参考曲;「モーニン」ボビー ティモンズ
※モーニンはMoanin’、moan(うめき声)の動詞形です。
(2015.2.8日)
[PR]
# by filia9056 | 2015-02-06 01:37 | レッスン | Comments(0)

倍音(Over Tone) (ジャズピアノの感性と技術)

倍音(Over Tone)
ある音が鳴り響く時、その音に共鳴してひとりでに自然に鳴り出す音があります。これらの音はもとの音の振動数(周波数)の2倍3倍4倍…の振動数(周波数)を持つ音です。これらの音をもとの音の倍音と言います。倍音を多く含む音は豊かな響きを持ちます。(譜例1参照)

譜例1




音とは、空気の振動の波の繰り返しです。振動の速さ(周波数)により音の高さ(ピッチ)が決まり、振動の幅により音量(音圧)が決まり、波形により音色が決まります。

拍(ビート)
拍とは、一定の時間と空間と容量の繰り返しです。これによってテンポ(速さ)が決まります。その決定には人の心臓の拍動と呼吸にも関連があると思われます。

拍節(リズム)
リズムとは、異なる時間と空間と容量の配列の繰り返しです。

いろいろなノリのスタイル
リズムとテンポ、表現のニュアンスにより様々なスタイルがあります。
4ビート、8ビート、16ビート、2ビート、ワルツ、スローバラード、ダンステンポ、ヴェリースロー、ボサノヴァ、ラテン、等々。
スウィング、バウンス、ジャンプ、グルーヴ、ドライヴ、等々。
前ノリ、後ノリ、ジャスト、スウィートポイント、フリースタイル、等々。
(2015.2.12木)
[PR]
# by filia9056 | 2015-02-06 01:36 | レッスン | Comments(0)

新しさの伝統

伝統とはならわし、慣習、しきたりなどとも言われ、前々からそのようにやってきたことという意味ですが、どうでしょうか私には日々変化する状況に反応して、絶えず新しく生まれ変わる力こそが伝統の本質と思われます。過去の遺産の上にあぐらをかいているような風情は自然と途絶え消えていくでしょう。
サッチモ、エリントン、モンク、パーカー、マイルス、コルトレーン、オーネット、ジャズの伝統は新しさの伝統と言えます。
「世界はいつも新しい、世界はいつも変わらない。」
産業革命後の頃、二度の世界大戦後の頃、そうであったように新しい世界には新しい音楽が生まれます。そして実は過去の偉大な遺産は死ぬこと無く、新しい音楽の中に生きており変わらず重要であると思われます。
昨今、ニューヨークの同時多発テロ事件と日本では阪神淡路と東日本大震災の後、明らかに世界は変わったように思えます。インターネットの世界的普及による情報革命を経て、大事件から約5年後の今年か来年あたり新しい音楽が生まれるのではないかという気がします。そしてその動きはもう既に始まっていると思われます。必ずしもジャズではないかも知れません。
(2015.4.8水)
[PR]
# by filia9056 | 2015-02-05 01:35 | レッスン | Comments(0)